特定非営利活動法人フードコミュニティ目黒

フードコミュニティ目黒とは

主に、食品事業(米創庵)を通じた就業支援をする障害者施設(法内施設)です。
米創庵ロゴ
「米創庵」は、お弁当・おこわ等の製造・販売・配達・清掃などの就業プログラムから生まれた、フードコミュニティ目黒のオリジナルブランドです。
事業案内


基本理念

1.障害者も健常者同様地域で自立し、社会参加の促進を図る。
1.一人ひとりの能力を最大限に伸ばし、地域で優秀な障害者事業所を目指す。

基本方針

2019-09-11
カテゴリトップ>美術品>種類別>版画>風景
【版画・絵画】山下清『トンネルのある風景』リトグラフ■限定300部・新品★
商品の詳細
作家名山下清
作品名トンネルのある風景
技法リトグラフ
外径サイズ81×63 cm
作品サイズ61×44 cm
補足説明
状態新品
付属品額付
エディション限定300部
◆ 山下 清(Kiyoshi Yamashita) ◆
1922 3月10日、浅草に生まれる。
1925 重い消化不良にかかり、軽い言語障害・知的障害となる。
1934 千葉県の養護施設「八幡学園」に入園。
   学園教育の一つであった「貼絵(当時はちぎり絵といわれる)を始める。
1938 清の作品を中心にした作品展を開催、安井曽太郎などの画家たちから賛辞を受ける。
1940 突然姿を消し、以後約14年間日本各地を放浪するが、時折、八幡学園に戻っては、
   貼絵制作に没頭する。
1953 アメリカのグラフ誌「ライフ」の記者が放浪中の清を捜し始めたことにより、
   朝日新聞が彼の捜索にかかる。翌年1月に発見され、放浪生活が終わる。
1956 東京・大丸百貨店で「山下清作品展」を開催。入場者は80万人を越したといわれる。
1961 ヨーロッパ各地を旅行する。
1964 「東海道五十三次」の制作を始める。東京から京都まで約5年間の取材とスケッチ旅行が続く。
1971 7月12日、脳出血がもとで他界、享年49歳。

日本のゴッホ、放浪の天才画家など、数多くの異名のもとに一世を風靡した山下清。
幼少時の大病がもとで軽い知的障害となり、千葉県の養護施設「八幡学園」に入園した山下清は、
そこで貼絵の制作に才能を発揮し、注目を浴びるようになりました。
しかし、18歳からの約14年間は、日本各地を放浪しては、学園に戻るという生活を繰り返し、
学園では放浪中の思い出を貼絵によって色鮮やかによみがえらせ、数々の傑作を生み出しました。
数々の『貼絵』作品においては、単に根気と努力では片付けられない『美』の再現する
類稀なる『天性』を感じさせます。
人々の心を素直に感動させる山下清の作品こそ、私達が日常生活の中で忘れかけている心の潤いを
呼び覚ましてくれるものでしょう。

※ 本商品は、店舗等でも販売している為、
  ご注文のタイミングによっては完売となる場合が御座います
  ので、その場合は、ご容赦下さい。
■山下清の一覧
※商品画像は、出来る限り商品の色合いに近付けて再現する様、心掛けておりますが、ご使用のモニタによっては実際の色合いと異なって見える場合が御座います。予め、ご了承下さい。
風景画_貼り絵_海水浴_路線工事_線路_季節夏_やましたきよし

価格
64,800円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
残りあと1個です
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く